超重要・カウンセリングの副作用 ーカウンセラーが言おうとしないことー

 

カウンセリングには、いくつかの効果が挙げられます。

クライアントさんによって効果の相違はありますが、

 

主だったものとして、

 

■話をすることにより頭の中が整理される。 

■混乱していた気持ちや心が落ち着いていく。 

■孤独感が和らぐ。

 

■話すことによって、聴いて貰うことによって、スッキリとする。 

■症状や相談内容について、アドバイスを貰える。 

■分かって貰えた、という実感が湧く。

■話したいことを遠慮なく話すことにより、心情が軽くなる。

 

などが挙げられます。

 

カウンセリングと言うと、巷では効果ばかりがプッシュされがちですが(ーー;)

実際のところお薬と同様、カウンセリングにも副作用があります。

 

  

カウンセリングでは、たくさんお話を聴かせて頂きます。 

たくさんのお話を頂く中で、

 

■こんなこと、話してよかったんだろうか?

■悩みと言えるだろうか?

■自分は話しすぎたのではないだろうか?

 という想いが巡り、話をした自身に罪悪感を抱くこともあります。

 

■ずっと胸に秘めていたことを生の言葉にしたことに対して、

 自分自身が衝撃を感じることもあります。 

■カウンセリングの過程で、一時的に症状が大きくなることもあります。

 

いくつかの副作用が想像できる中、

カウンセラーは副作用をも熟慮した上で、

カウンセリングに臨むことが必要です。

時に、現状を維持るために、

精一杯の力を注ぐ必要があることもあります。

 

カウンセリングに副作用があることは、

実は、あまり知られていません。 

カウンセラーもまた、声高には言いません。

 

 

なぜなら、副作用をうたうことは、

ほとんどのカウンセラーにとって都合がよろしくないからです(**)

しかし、カウンセリングに効果があると同じように。

カウンセリングには副作用があります。

 

《 カウンセリングには効果ばかりではなく、副作用もある 》

 

上記は紛れもない事実です。

 

副作用を知らないままでは、クライアントを害する可能性があり。

しかし、副作用を恐れるばかりではカウンセリングが進んでいきません。

効果も副作用も抱え、カウンセリングは進んでいく。

よりよく成るために、進んでいく。

 

ある意味、その厳しい過程の中でこそ、

カウンセリングの効果は実感されることあるからです。

 

《 カウンセリングには効果ばかりでなく、副作用もある 》

 

カウンセラーはもちろんですが、

クライアントさんも知っておくべき事実だと思い記しました。

 

 

 

「カウンセリングは癒しだ!」と言われがちですが厳密には違います。

 

カウンセリングを継続することによって、

「結果的には癒される」ということはありますが。

その過程は、心地好いばかりではありません。

 

時には、見たくはない自分の姿であったり。認めたくはない想いであったり。

とんでもない様相をした自分と、出くわすこともあります(><)

 

あるクライエントさんが、

 

「カウンセリングはある意味、自分との闘いのようなものだと思う」

 

とホロリとおしゃったことがありました。

(ご本人様から掲載の許可を得ております。有難うございます)

 

この一節は、カウンセリングの側面を見事に表現していると思います。

もちろん、辛いばかりがカウンセリングではありません。

colorsでは、けっこう笑い声も響きます。

 

しかし、「楽」だけではないことは事実です。

 

副作用を知らないままでは、クライアントを害する可能性があり。

しかし、副作用を恐れるばかりでは、カウンセリングが進んでいかない。

 

上記のことは、クライエントにもカウンセラーにも重要な事実だと思われます。

どうかご理解の上、ご検討いただければ幸いです。